脂漏性皮膚炎とフケのお悩み.com

脂漏性皮膚炎とフケのお悩み.com

脂漏性皮膚炎は、頭や顔、ワキの下、胸部や背部、ヘソ、足の付け根など、
皮脂の多い部分に症状が現れる皮膚炎です。
皮膚に常在する脂を好むマラセチア菌が原因の一つと考えられていますが、
その他にもビタミンB群不足、ストレス、生活サイクルの乱れなどによっても起こりやすくなります。

 

体質的に皮脂分泌の多い人に「フケ症」がみられますが、
フケ症は軽症の脂漏性皮膚炎と考えられています。

 

乳児脂漏性皮膚炎は、新生児期から乳児期に発症します。
また、思春期以降に発症したり、再発を繰り返す成人型の脂漏性皮膚炎もあります。

 

脂漏性皮膚炎は、ステロイド外用薬や外用抗真菌薬を使用して治療しますが、
石けんやシャンプーを使って洗った後、皮脂や剥けた皮をとりのぞき、
水気を拭き取った後は、保湿剤などで保湿し、肌を清潔に保つことが大切です。

脂漏性皮膚炎と間違えやすい疾患

脂漏性皮膚炎は、発生する場所によって、他の疾患との鑑別をすることが必要です。

 

頭部:しらみ、白癬、尋常性乾癬との鑑別

 

顔面:酒さ、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、尋常性乾癬との鑑別

 

体部:白癬、尋常性乾癬、あせもとの鑑別

フケ

誰にでも起きるフケ。
フケは、ごく普通の頭皮の症状です。

 

私たちの皮膚は、絶えず再生を繰り返しています。
下に新しい細胞ができると、死んだ細胞が剥がれ落ちます。

 

全てのヒトの皮膚細胞はこのように入れ替わりますが、
過剰に死んで剥がれる皮膚の量が増えると、
固まって洋服の上に落ちることが多く、目につくようになります。

 

フケは、頭皮が乾燥すると多くなると考え、
症状を悪化させないようにするためにシャンプーを使うのをやめてしまう人がいます。
ですが、フケは、皮膚細胞の入れ替わりの増加が原因ですから、
シャンプーだけが原因になっているのではありません。
ただ、頭皮に合わないシャンプーを使っていて、
頭皮に負担がかかっているとも考えられるので、
頭皮に優しい自分にあったシャンプーを選ぶことは大切です。

 

フケは、遺伝的な症状もありますし、ストレスや不安なども原因の一つになります。
湿疹や乾癬の症状の一つとしてフケがでる場合もあるので、
症状がひどい場合は、医師の診察を受けることが必要です。

 

フケの徴候と症状

・頭皮のかゆみ
・小さな白い薄片が、頭皮につく
・皮膚や髪が脂っぽくなる
・頭皮に炎症性の赤い湿疹ができる
・皮膚にひび割れができる
・皮膚から滲出液が出ることがある
・黄色くて硬いかさぶたができることがある
・顔、額、眉の皮膚が赤くなる
・耳の上に落屑を伴う湿疹ができる

 

フケの治療

フケは見た目も悪く不快です。
ですが、殆ど治療は必要ありません。

 

患部が広がり、皮膚がひび割れて痛んだり浸出液がでるようなときなど、
重篤な症状の場合は、医師による治療が必要です。

 

慢性的なフケは、従来型医療と補完的医療を組み合わせて治療していきます。