脂漏性皮膚炎とフケのお悩み.com

脂漏性皮膚炎を治すハーブ療法

頭皮のトラブルに、ハーブの効果を用いることができます。

 

真菌感染の有無に関わらず、
皮膚の軽い炎症を伴う皮脂腺(汗腺)の異常があるという事実に基づき、
ハーブによるアプローチを行います。

 

ティーツリーオイル

 

ティーツリーオイルを5%シャンプーとして数週間、
毎日使用することが推奨されています。

 

脂漏性皮膚炎に対してとても良くききますが、
症状を完全に解消することができない場合もあります。

 

また、ティーツリーオイルそのものに皮膚反応を起こしてしまう人もいます。

 

使用の際は、オイルが目に入らないように気をつけてください。

 

アロエベラ

 

30%アロエローションを一日2回、4〜6週間使用したところ、
フケが大幅に減少したという研究データがあります。

 

バードックルート

 

バードックリートは、局所性皮膚治療ハーブの一つです。

 

局所性皮膚治療ハーブは、炎症を抑えることができ、治療を促進します。
湿布を行う場合は、数週間、一日一回、なるべく我慢できるだけ長く直接皮膚に貼ります。

 

また、バードックは、一日数回、アルコール、またはグリセリンチンキの形で、
20〜40滴を経口摂取する事も推奨されています。

 

重症な場合や、他の外用薬で治療の成果が得られない場合に、
試してみる価値のある治療です。

 

ユーカリとウィンターグリーン・エッセンシャルオイル

 

ユーカリとウィンターグリーン・エッセンシャルオイルで作られている軟膏は、
健康食品店で手に入れることができます。
皮膚全般に効果があり、殺菌効果もあるので、フケの治療にも効果的です。

 

カレンデュラとカモミール

 

カレンデュラとカモミールは、局所性抗炎症性植物です。

 

局所性抗炎症性植物であるカレンデュラやカモミールは、
フケに起因する発赤と炎症を抑えます。

 

カレンデュラとカモミールの花から作られている市販のクリームは、
炎症箇所に簡単に使用することができるので、フケの治療にも効果的です。